HOME梅Q&A梅干しについて >「南高梅」とはどのような梅ですか。

「南高梅」とはどのような梅ですか。

明治時代に和歌山県の旧・上南部村(現・みなべ町)で高田貞楠(さだぐす)さんが
自家園の梅畑のなかに果実の大きく、よく実る梅の木を見つけ、高田梅と名付けて栽培し始めました。
1950年に「梅優良母樹種選定会」が発足し、5年にわたる調査の結果、37種の候補から高田梅を最優良品種と認定。
調査に尽力した竹中勝太郎さん(調査委員長、後南部川村教育長)が南部高校の先生であったことから、
南部高校の「南」と高田梅の「高」をとって南高梅と名付けられました。
※ちなみに私の父親は竹中勝太郎先生に【南部高校 園芸科】で勉強を教えてもらっていたらしいです。